紀陽除虫菊HOMEお知らせ・最新情報 >アスリートタブに関するガンバ大阪 明神選手へのインタビュー

お知らせ・最新情報

アスリートタブに関するガンバ大阪 明神選手へのインタビュー

2015年1月14日

ガンバ大阪 明神智和選手へのインタビュー 2015/01/13 ガンバ大阪クラブハウスにて

 

Q.一昨年J2で、昨年はJ1でプレーされました。J2では20試合出場されていますが、J1J2の違いはありますか?

 

A.サッカーについては、大きな違いはないですが、やはりJ1は大都市のチームが多く、J2は地方の都市が多く、移動が少し大変でした。

 

Q.紀陽除虫菊株式会社は201310月からガンバ大阪のスポンサーとなり、アスリートタブをチームに供給させていただいております。

   アスリートタブを使っていただいていますが、いつごろから使っていただいていて、そのきっかけは?

 

A.使い始めたのは、そのころ(201311月ごろ)からで、もともとチームのトレーナーからアスリート向けの入浴剤があると紹介されました。もともとお風呂が好きで、外のお風呂より家でゆっくりつかりたいです。入浴するだけで体のケアができるのであれば良いと思い使い始めました。

 

Q.使用感などはいかがですか

 

A.試合の前日のホテルや、自宅で週に2-3回は使用しています。この入浴剤を使う前は熱いお風呂に入っていたのですが、今はぬるめのお湯に20分程度ゆっくり浸かっています。シャワーではやはり疲れも取れにくく、お風呂につかるとリラックスできます。特に連戦が続くとよく使っています。

 

Q.アスリートタブについて他の選手とお話されることはありますか

 

A.クラブハウスのロッカールームに常備されているので、持って帰るときに他の選手から「それは効きますか」と聞かれることがあります。からだが資本の仕事なので、ほかの選手も体に良いものは取り入れたいとの気持ちはもっていますので、興味があるようです。

 

Q.アスリートタブについて何かご要望はありますか

 

A.商品については特にありません。一度に2錠使用することについても、不便は感じないで  す。

 

■ありがとうございました。今年も活躍を期待しております。

 

前のページに戻る