伝統

一世紀を超える技術とノウハウを基盤に。

先人の知恵と自然由来の成分を活かし、人にやさしい製品を作る。

創業当時から時代が移り変わった現在でも、それぞれの製品にかける想いはかわりません。製品の質を決定づける除虫菊と燃焼を安定させる木粉、粉同士をつなぐタブの木の粉、食用澱粉を配合する作業は職人が担当。すべての工程に人が携わっているからこそ、人にやさしい製品を作ることができるのです。
 

img-伝統1

昭和初期、手作業で作られていた線香

img-伝統2

配合の工程は現在でも職人が担当

長年培われた原料を厳選する独自の技が高品質を支えている。

花の黄色い部分に虫が嫌う成分が含まれており、茎を火にくべるだけでも除虫効果を発揮するといわれる除虫菊。その除虫菊からつくられた粉末を長年培われ鍛え抜かれた目で厳選し、それを主成分に使用しています。そうした確かな技が高品質を支えています。
 

img-伝統3

原料となる除虫菊

img-伝統4

独自の技で厳選した粉末

長年にわたり愛され続けるブランド、その誇りを大切に守る。

天然の除虫菊の粉末を主原料とした「無添加&無香料」の「夕顔 天然蚊とり線香シリーズ」などロングセラーの商品を生み出していることこそが私たちの技術力の高さを示す証であり、大きな誇りとなっています。創業以来培われた、このブランドをこれからも大切に守り続けます。

img-伝統

夕顔蚊とり線香シリーズ

img-伝統6

伝統をベースに現代のニーズを探り入れ、多彩な新商品を生み出す。

ブランドイメージと品質を守りながらも、大胆な発想を探り入れ、時代のニーズにマッチした新製品を次々と生み出しています。お香を楽しむ方が増えていることを踏まえ、従来の蚊とり線香にさまざまな香りのエッセンスを加えた「アロマ小巻」シリーズなど、早くも定番商品となっています。

img-伝統7

アロマ小巻シリーズ

img-伝統8

前のページに戻る

紀陽除虫菊TV

お取引きをお考えのお客様へ

お取引の流れ

OME・PB商品のご案内

カタログ請求

カタログダウンロード

医療関係者、販売者について

除虫菊とは

スタッフ紹介

紀陽除虫菊BLOG

KOKUBO