HOW TO情報

入浴剤

効果的な入浴法

 ストレス解消入浴法

img-ストレス解消入浴法

 

温度が40度程度の湯に、ゆっくりと時間をかけてつかりましょう。
ぬるい湯は身体への刺激が少なく、身体的、精神的に落ち着かせる作用があります。

 安眠・快眠入浴法

img-安眠快眠入浴法

 

36~38度のぬるめの湯に時間をかけてつかりましょう。
体の緊張がほぐれるため、入浴時には疲れを感じることもありますが、精神面は落ち着くことで、グッスリと眠ることができます。

 

 目覚まし・やる気満々入浴法

img-目覚まし・やる気満々入浴法

 

42~43度の熱い湯に、短時間つかります。
熱めのお湯が心身の緊張感を高めてくれ、寝ぼけ気味の身体を、シャキッと目覚めさせます。仕事に出かける前の朝風呂に最適です。

 足のムクミ・疲れ解消入浴法

img-足のムクミ・疲れ解消入浴法

 

40度前後の少しぬるめでタップリの湯に、深く長くつかりましょう。
タップリの湯による水圧の刺激が、足の疲れやムクミを緩和してくれます。

 体・筋肉の疲れ解消入浴法

img-からだ・筋肉の疲れ解消入浴法

 

42~43度の熱めの湯につかります。
熱い湯が、血行と新陳代謝を促し、疲労物質の除去を促進してくれます。

 美肌効果入浴法

img-美肌効果入浴法

 

不純物が少ない一番風呂は、カルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの硬水成分によって、熱が肌に伝わりやすく浸透圧の関係でチクチク刺激することがあるので、美肌を意識するならお勧めできません。
お肌が弱い方は不快に感じることもあるので、軟水化する作用がある入浴剤を加えて入りましょう。

商品に関するお問い合わせ

前のページに戻る